catch-img

Web会議用ブースは用途で選ぶ! オフィスに導入するメリットと選ぶポイント

コロナ禍の影響やテレワークの普及に伴って、Web会議を行う企業は増加の傾向にあります。

しかし、Web会議を行う際に会議室が空いていなかったり、オフィス内の雑音や周囲の視線が気になったりするケースも少なくありません。そのような場合におすすめなのが“Web会議用ブース”です。

本記事では、Web会議用ブースの種類や導入で得られるメリット、自社に適したWeb会議用ブースの選び方を紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.Web会議用ブースを導入するメリット
    1. 1.1.①周囲を気にせずにWeb会議を行える
    2. 1.2.②集中ブースとしても活用できる
    3. 1.3.③少人数での会議スペースをつくれる
  2. 2.Web会議用ブースの種類
    1. 2.1.クローズ型
    2. 2.2.セミクローズ型
    3. 2.3.オープン型
  3. 3.Web会議用ブースを選ぶ際のポイント
    1. 3.1.①目的に沿ったものを選ぶ
    2. 3.2.②防音性で選ぶ
    3. 3.3.③抗菌仕様のものを選ぶ
  4. 4.まとめ


Web会議用ブースを導入するメリット

Web会議用ブースを設置すれば、周囲の雑音や視線が気になりにくくなるため、快適にWeb会議を行うことができます。

ここでは、それぞれのメリットを詳しく解説します。


①周囲を気にせずにWeb会議を行える

Web会議用ブースでは、周囲の雑音や視線を気にせずにWeb会議やオンライン商談・ミーティングなどが行えます。

完全個室タイプのWeb会議用ブースは、周囲の雑音を軽減するとともに、自身の話し声も外に漏れにくくなるため、Web会議に集中できます。

高い遮音性を求めない場合でも、簡易的なブースやパーテーションを設置することで、周囲の視線を遮る効果が期待できます。


②集中ブースとしても活用できる

Web会議用ブースは、業務に集中するためのスペースとしても活用できます。

たとえば、Web会議用ブースで作業すれば、雑音が入りにくく集中しやすくなるため、生産性の向上も狙えます。

また、Web会議用ブースを使用することで「今は集中したい」という意思を周囲に示せます。


③少人数での会議スペースをつくれる

Web会議用ブースには、2~4人用のブースもあるため、少人数の会議を行う場所として使うことも可能です。

1on1ミーティングや、チームの会議・打ち合わせ、商談などを行う際にも活用できます。



Web会議用ブースの種類

Web会議用ブースは主に、クローズ型・セミクローズ型・オープン型の3種類があります。

ここでは、種類別の特徴とメリットを紹介します。


クローズ型

クローズ型


クローズ型は、天井と床、壁の6面が覆われた完全個室タイプで、“フルクローズ型”とも呼ばれています。

主に、機密事項に関するWeb会議や、重要な商談などへの使用に適しています。

また、照明や電源、USBポートなどがあるのが特徴です。

クローズ型のメリットは、下記をご覧ください。


▼クローズ型のメリット

  • 遮音性・吸音性に優れている
  • 換気機能があるため感染症対策の面でも安心できる
  • オフィスにいながらプライベート空間を確保できる


なお、クローズ型は建築基準法や消防法では“居室”の扱いになります。

クローズ型


導入する際はスプリンクラーや自動消火装置の設置、また消防署への届出が必要となるケースも発生するため、建築基準法や消防法を満たしているかどうかを事前にメーカーへ確認することをおすすめします。


セミクローズ型

セミクローズ型


セミクローズ型は、天井が密閉されることなく、4面の壁に囲まれる半個室タイプです。

クローズ型と比較すると遮音性は劣りますが、周囲の音の影響を受けにくいという特徴があります。

主に、打ち合わせや簡単なミーティングを行う際に使用されます。

セミクローズ型


セミクローズ型のメリットは、下記をご覧ください。


▼セミクローズ型のメリット

  • 周囲の音の影響を受けにくい
  • クローズ型より設置のハードルが低め
  • クローズ型より導入コストが抑えられる


また、天井が密閉されないセミクローズ型は、建築基準法や消防法では“家具”に該当します。フルクローズ型よりも消防法に抵触する可能性は低いと考えられますが、設置する際は、消防設備の設置や届出が必要かどうかを、メーカーや管理会社、自治体へ確認するのが望ましいです。


オープン型

オープン型


オープン型は、三面が壁で囲まれている、コの字タイプのブースです。壁に向かって座るタイプや、壁を背にして座るタイプなどがあります。

オープン型のWeb会議用ブースは、外から声をかけやすいため、周囲と連携しながらも集中して業務を進めることが可能です。なお、打ち合わせや簡単なミーティングなどの場面でも使用されます。

オープン型のメリットは、以下のとおりです。


▼オープン型のメリット

  • 簡単に設置できる
  • 周囲の視界を遮り作業に集中できる
  • 導入コストが抑えられる


また、集中力を保てる空間が確保できるため、通常のデスクワークのなかでも、特に集中したい場面に使う方法もおすすめです。



Web会議用ブースを選ぶ際のポイント

ここでは、自社に適したWeb会議用ブースを選ぶためのポイントを紹介します。


①目的に沿ったものを選ぶ

はじめに、なぜWeb会議用ブースを設置するのか目的を明確にして、その目的に沿ったものを選ぶことが大切です。Web会議用ブースは、種類ごとに特徴や使用状況の向き不向きも異なります。

たとえば、大事な商談や機密性の高い会議で使用する場合は、防音性に優れたクローズ型が適しています。

セミクローズ型も防音面に優れており、クローズ型よりコストを抑えたい場合におすすめです。また、オープン型は、個室感がありながらもほかの従業員が声をかけやすいため、コールセンターや簡単な打ち合わせなどに適しています。


②防音性で選ぶ

Web会議をスムーズに進めるためには、Web会議用ブースの防音性を重視して、製品を選ぶこともおすすめします。

Web会議用ブースは種類によって防音性能が異なるため、自社の求める防音性能のレベルを明確にする必要があります。

最も防音性能が高いものはクローズ型で、次いでセミクローズ型、オープン型になります。

自社に必要な防音性能が明確になったら、Web会議用ブースを設置する前に、実際に現物の防音性能を確認することが大切です。


③抗菌仕様のものを選ぶ

Web会議用ブースはさまざまな従業員が使用するため、抗菌仕様であることが望ましいです。

清掃・消毒をこまめにする必要はありますが、抗菌仕様のブースであれば従業員が安心して利用できると考えられます。



まとめ

この記事では、Web会議用ブースについて、以下の項目で紹介しました。


  • Web会議用ブースを導入するメリット
  • Web会議用ブースの種類
  • Web会議用ブースを選ぶ際のポイント


Web会議用ブースには、クローズ型・セミクローズ型・オープン型があり、それぞれ防音性能をはじめとする特徴が異なります。

本記事で紹介したポイントを参考に、ぜひ自社に適したものを選んでみてください。

ドテヤマビジネス』では、オフィス家具の販売はもちろんのこと、働く場の環境づくりもご提案させていただきます。オカムラをはじめとする高品質の国内メーカーからコスト重視のオフィス家具、有名海外メーカー家具や特注対応も行っております。Web会議用ブースをお探しの方はお気軽にご相談ください。

ドテヤマビジネスが提供するオフィス家具サービスの情報はこちらからご確認ください。

  オフィス家具|オフィス環境のトータルパートナー|ドテヤマビジネス/神戸|兵庫 (株)ドテヤマビジネスのオフィス家具ページです。オカムラをはじめ、国内・海外のオフィス家具メーカーからご要望に応じた家具をご提案可能です。オフィスの環境改善をお考えならお気軽にご相談ください。無料で現地調査・お見積りいたします。(神戸・兵庫) 株式会社ドテヤマビジネス


また、サービスについてのご相談はこちらからお問い合わせください。

  お問い合わせ|オフィス環境のトータルパートナー|ドテヤマビジネス/神戸|兵庫 オフィス内装工事・移転に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。私たちは、オフィスレイアウトの設計から、オフィス家具の選定、施工業者との調整・工事完了まで、オフィス環境の課題をトータルでご支援いたします。オフィス環境のことは何でも気軽にご相談ください。(神戸・兵庫) 株式会社ドテヤマビジネス


人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧