catch-img

ファミレス席はオフィスのトレンド? 人気の理由と導入するメリット・デメリット

オフィスのレイアウトは企業によってさまざまですが、最近では“ファミレス席”が注目を集めています。
ファミレス席とは、テーブルを挟んでソファが向かい合うボックス席のことです。ファミリーレストランに設置されていることから、一般的にファミレス席と呼ばれています。

自社へのファミレス席の導入を検討しながら、「具体的なメリットが知りたい」「事前にデメリットも把握しておきたい」と考える方もいるのではないでしょうか。

この記事では、オフィスでファミレス席が人気の理由や、導入するメリット・デメリットについて解説します。


目次[非表示]

  1. 1.オフィスでファミレス席が人気の理由
  2. 2.ファミレス席を導入する3つのメリット
    1. 2.1.①狭い空間を有効活用できる
    2. 2.2.②リラックスしてコミュニケーションを図れる
    3. 2.3.③さまざまな用途で利用できる
  3. 3.ファミレス席を導入する2つのデメリット
    1. 3.1.①大人数の利用には適していない
    2. 3.2.②機密性の高い内容は話せない
  4. 4.まとめ


オフィスでファミレス席が人気の理由

ファミレス席が人気の理由はさまざまですが、主に以下が挙げられます。


  • 導入ハードルが低い
  • 会議室・応接室・リフレッシュスペースの代わりに使用できる
  • 利用者の心理的距離が縮まることが期待できる


ファミレス席は、間仕切りによって区切られている会議室とは異なり、大規模な工事を必要としません。

たとえば、オフィスに会議室が不足しているという状況でも、新たにファミレス席を設けることで会議室の代わりとして利用することが可能です。そのため、導入のハードルが低いといわれています。

また、会議の目的以外に、応接室や食事・リフレッシュスペースとして活用できる点も人気の理由の一つです。

さらに、ファミレス席の特徴である、個室のような適度なクローズド感があり、利用者同士の物理的距離が近いことから、心理的距離も縮まることが期待できます。



ファミレス席を導入する3つのメリット

オフィスにファミレス席を導入することには、空間の有効利用や社内コミュニケーションの活性化などさまざまなメリットがあります。ここでは、主な3つのメリットを紹介します。


①狭い空間を有効活用できる

➀狭い空間を有効活用できる


ファミレス席を導入するメリットの1つ目は、オフィスの空間を有効活用できることです。

省スペースで設置できることはもちろん、ソファ席そのものが個室のような役割を果たすため、座席間に歩行スペースが必要ありません。たとえば、オフィス内に新たな会議室を設置できない場合でも、ファミレス席であれば可能なケースがあります。

また、ソファ席の導入に必要なスペースが会議室を設ける場合と比べて小さいことから、大規模な工事が必要ないことが一般的です。


②リラックスしてコミュニケーションを図れる

②リラックスしてコミュニケーションを図れる


2つ目のメリットは、利用者同士がリラックスしてコミュニケーションを図りやすいことです。

ファミレス席は、個室のような安心感と、セミオープンのほどよい開放感を併せ持っています。

また、利用者同士の距離が物理的に縮まることで、心理的距離も縮めて、円滑なコミュニケーションを促すことが期待できます。


③さまざまな用途で利用できる

③さまざまな用途で利用できる


3つ目のメリットは、あらゆる用途でファミレス席を利用できることです。

会議の際に利用するだけではなく、リフレッシュスペースとして、食事や休憩時間、雑談の場として活用することも可能です。

さらに、災害時に備えた備蓄食料や毛布などの防災用品を保管しておくスペースとして、ソファの座面下を有効活用することもできます。

なお、オフィスで行える防災対策についてはこちらで詳しく解説しています。併せてご一読ください。

  オフィスの防災対策は完璧? すぐに見直したい5つの対策 業務中に災害やトラブルなどが発生した場合に備えて、企業は防災対策やBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対策を行うことが大切です。 BCP対策とは、災害だけではなく、停電や感染症といったあらゆるリスクに対して、企業が被害を最小限に抑えて事業を継続するための計画のことです。 まずは防災対策をしっかりと行ったうえで、BCP対策を行っていく必要があります。 そこでこの記事では、オフィスで行える防災対策を5つ紹介します。 株式会社ドテヤマビジネス



ファミレス席を導入する2つのデメリット

ファミレス席の導入にはさまざまなメリットがありますが、導入前に把握しておきたいデメリットもあります。


①大人数の利用には適していない

ファミレス席は、少人数で打ち合わせを行う際や、休憩時間に雑談を行う際などに適している一方で、大人数での会議には適していません。

一般的に、ファミレス席の収容可能人数は4〜8名程度です。会議室であれば、人数に応じて椅子を増やすといった対応が可能ですが、ファミレス席では状況に応じてソファを増やすことは困難といえます。


②機密性の高い内容は話せない

ファミレス席で機密情報を話すと、第三者に会話の内容を聞かれてしまう可能性があります。

ファミレス席は、あくまでもセミクローズドな空間であり、個室とは異なります。
そのため、話す内容について注意することが必要です。

また、ほかの空間とつながっているため、周囲の雑音によって会議の進行を妨げられる可能性も考えられます。



まとめ

この記事では、オフィスでのファミレス席について以下の内容を解説しました。


  • ファミレス席が人気の理由
  • ファミレス席のメリット・デメリット


ファミレス席は、オフィスのスペースを有効活用できるほか、利用者同士がリラックスしてコミュニケーションを図りやすいことなど、導入のメリットが複数あります。

一方、大人数での使用や、機密性の高い内容を話す場としては適していないため、使用目的によって使い分けることが大切です。

ドテヤマビジネス』では、オフィス環境の課題をしっかりとサポートします。ファミレス席の導入を実現できる、ユニットソファシリーズ“Bresta(ブレスタ)”のお取扱いもございます。オフィス家具サービスに関する詳しい情報は、こちらからご確認ください。

  オフィス家具|オフィス環境のトータルパートナー|ドテヤマビジネス/神戸|兵庫 (株)ドテヤマビジネスのオフィス家具ページです。オカムラをはじめ、国内・海外のオフィス家具メーカーからご要望に応じた家具をご提案可能です。オフィスの環境改善をお考えならお気軽にご相談ください。無料で現地調査・お見積りいたします。(神戸・兵庫) 株式会社ドテヤマビジネス


また、サービスについての疑問やご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ|オフィス環境のトータルパートナー|ドテヤマビジネス/神戸|兵庫 オフィス内装工事・移転に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。私たちは、オフィスレイアウトの設計から、オフィス家具の選定、施工業者との調整・工事完了まで、オフィス環境の課題をトータルでご支援いたします。オフィス環境のことは何でも気軽にご相談ください。(神戸・兵庫) 株式会社ドテヤマビジネス


人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧